Woman.excite

ExciteWoman.exciteGarboWomanサイトマップ

カテゴリ:怪我とリハビリ( 22 )

長かったような、あっという間のような。
ここで立ち止まりたくないから、今出来ることを探して考えてやってきた。スノーボーダーとしての仕事も、怪我のリハビリも。
c0157348_136353.jpg
出来る動きが増えてきて、着実に回復しているけど、まだ出来ないことも沢山ある。

もっとやりたいけどやれない。
もっとやれることあるのにって。
もどかしいし、落ち込むし。

まだ、2ヶ月。
思ったより動けるから更に動きたくなってしまうけど、そんなに甘くはない、という感じ。

あ〜、思いっきり筋トレできるようになりたいなぁ。スノーボードしたいなぁ。海も入りたいなぁ。
[PR]
トラを学校へ送ったあと、ふと思い立って海へ向かった。
いつものようにトレーニングルームに行くつもりだったのに、天気のいい気持ちいい海に行こうと思いついた。
c0157348_15184929.jpg

c0157348_15185036.jpg

c0157348_15185296.jpg
海を見ながら体を動かしたらメチャクチャ気持ちが良かった。毎日いたトレーニングルームを抜け出したら、何だかスッキリした。

手術してから1か月半、毎日気を抜かずにトレーニングしてきた。
怪我をしてからは半年経っていた。よく気持ちをずっと持ち続けてこれたなと思うし、スノーボードまた出来るためならまだ5年は頑張れるなとも思う!

ドクターの診察で順調と判断された先週から、気持ちが空回りしていた。
順調と言ってもまだ思い切り動かせるわけではなくて。
何ともなく動かせるわけがないのはわかっているけれど。思うように動かせない歯がゆさ。

ついやり過ぎてしまう私の性格上、焦りは良くないと思った。
今は移植した靭帯が壊死して一度弱くなる時期でもある。
この時期が過ぎるまで、筋力が落ちたっていいから慎重に過ごした方がいいとすぐに考えを切り替えた。

10週までトレーニングはゆっくりのペースにして、今はリラックスしようと思う。
また来るべき時期が来たら、思い切りトレーニングをして強くなる!その為の、準備の時期だと思う。
今出来ることも沢山ある。体幹を鍛えておくこと、歩き方や右膝のケア。
c0157348_15185444.jpg
見たい景色を見に行く。会いたい人に会う。そしてパワーを充電する!
時間と気持ちに余裕が出来た。

平日の夜に、トラと「夜のドライブいこっか?」って出かけた。
c0157348_15183292.jpg

c0157348_151833100.jpg
翌朝のトレーニングのことを考えてずっと早く寝ていたし、運転もあんまりしていなかった。
c0157348_15183578.jpg

c0157348_15183744.jpg

c0157348_15183998.jpg
トラも私も夜の海と夜のドライブが大好きで。メチャクチャ嬉しくってはしゃいだ。
c0157348_15184672.jpg

c0157348_15184864.jpg
真面目に気を抜けずトレーニングしてきたことは自分の自信につながっているし、
少し気を抜いてリラックスすることもいいか、と思える。
これが私らしいんだと思う。

まだもう少し、先は長いから。次のステップの為に、少し気を抜きます(^-^)
[PR]
やった☆装具外れたよ!
c0157348_14162185.jpg
術後6週間のドクター診察。
今までの経験上、絶対に聞き逃すものかと準備して挑む!
c0157348_14162380.jpg
「先生の言ってること全部を聞き取れる自信がないのでここに書いて下さい。」という準備もしたが、結局書いてくれなかったけど何とかちゃんと理解できた。
c0157348_14162437.jpg
6週間経ち、このいかつい装具はもう必要ないとのこと。
その他大きなポイントは、
①心配してた半月板は、とても小さな傷で既にその部分は削ったから心配ない。
②最近感じる膝の引っかかりは、筋力戻せば治る。
③アメリカではスクリュー(留めてるボルト)抜く手術はない。そのまま体に溶けてしまうそう。

それにしても全く膝に触れてくれないので、最後に「触って下さい!」ってお願いしちゃった(笑)
さすがに私もズバズバ自分の意見を言えるようになってきた!
膝の緩みを確認しながら、移植した靭帯は安定してるよ、と言ってました。
c0157348_14162543.jpg
で、ホッとして。サボり!
c0157348_14162769.jpg
大好きなカフェでアプリコットのティーラテ買って、海へ!
c0157348_1416287.jpg
今日まで気を抜かず毎日リハビリしてきた。息が詰まりそうな時もあったけど、気を抜けなかった。まだ終わりじゃないけど、ホッと気が抜けた。
c0157348_14162832.jpg

c0157348_14162963.jpg
装具外して歩くの少し不安だけど、気持ちがいい!
c0157348_14163070.jpg

c0157348_14163417.jpg
大好きな景色、いーっぱい見た!こうしてゆっくり見にくる余裕もなかった。
今日は思う存分、サボれた(笑)
人生サボりも必要だよねっ
c0157348_14163592.jpg
足場が悪くてやっぱ装具つけた(笑)
c0157348_14163611.jpg

c0157348_14163856.jpg

c0157348_14163912.jpg

c0157348_14164088.jpg
心配してくれてる皆さん、見守ってくれてる皆さん、ありがとう!
まだまだ長い道のりだけど、完治まで頑張ります!!
c0157348_14164144.jpg

[PR]
やってます。トレーニング。
c0157348_1344654.jpg
週2回はトレーナーとがっつり2〜3時間!自分でがっつり週3日。軽く2日。
c0157348_1344699.jpg
効率よく力を使うために、必要な筋肉だけを動かすって、難しい。今まで考えてなかったけど、体のこと頭で考えるとなるほど、理解できてくる。
c0157348_1344145.jpg
体幹も上半身も鍛えてます!
c0157348_1344246.jpg
土日明けの月曜鬼トレーニング。
c0157348_1344343.jpg
ツライ…(笑)
[PR]
カラダ改革トレーニング。今出来ることでいろんなトレーニングしてます。
c0157348_12434870.jpg
私、復帰したら滑り方を変えようと思います。
まあ今回の怪我は、木に激突という事故だったから、滑り方がどうこうという問題ではないんだけど。
c0157348_12434929.jpg
復帰して、少なからず手術した膝に負担をかけたくないし、今後年齢を重ねて行く中で自分の体を少しでも大事に使いたいから。
c0157348_12435099.jpg

c0157348_12435120.jpg
怪我した膝をケアするだけでなく、体全体の使い方を考えています。
膝、腰に負担をかけないように。
今まで耳にしてきたいろんなことがつながって納得でき、新しいことに気がつきました。
自分のカラダと向き合うと、秘密が見えてきます(笑)
c0157348_12435297.jpg
いい報告できるように頑張りますっ
c0157348_12435392.jpg
プールウォーキングも始めたよ!
c0157348_12435494.jpg
夕方のプール、最高に気持ちいい。
c0157348_12435577.jpg

[PR]
今日から新しい場所。ドキドキしながら訪れる。
c0157348_124312100.jpg
広い!
c0157348_12431084.jpg
新しい担当はトニーさん。トレーニングは簡単で物足りないけど、色んな質問に丁寧に答えてくれて安心した。
c0157348_1243513.jpg
保険の関係でなぜかphysical therapy が変わった。保険変わってないのに謎なアメリカのシステム。手術前まで見てくれてた所に安心して見てもらいたかったのに…。
でも、新しい所にはまた新しい、何か得るものがあるかなと思う。
c0157348_12431154.jpg
どーなる??今後っ。
c0157348_1243834.jpg

[PR]
もーーーどうなってるんだ???
明日で術後3週間。順調。シューズ履いてしっかりトレーニングできるようになってきた。
c0157348_1134140.jpg
膝もしっかり曲がるし筋肉も使えてきて、腫れも引いてきて順調、のはずなんだけど。

先週のドクターの診察で手術中の内視鏡の画像を渡され、ひとつ気になる点が。
ドクターが、「ここがこうなっていたけど、こういう風にしておいたから」という説明で、2つの画像。ヒビが入っていた、そして狭くなっていた。狭くなっているけどヒビはあった。

特に問題ないよということだったので、そのまま抜糸してもらって、少し気になりながらも退散。帰ってから画像を見返してやっぱり気になる。
もっとあの時突っ込んで聞くか、いや専門用語も理解できないんだから文章で書いてもらっておくべきだった。

で、その後リハビリ施設、Physical Theraphyに行く。
ドクターに聞いておきたかったことをセラピストに聞く。

やっぱり、ヒビは半月板だった。
「半月板損傷」ということなんだろうけど、よくMRIで発見されるような、縫い合わせるとか切除するとかではなく、セラピスト曰く「ちょっとはがれた、めくれた」?みたいな?
セラピストも、まあよくあること、という雰囲気でそれほど大事な感じではなかった。

気になるので、聞くべきことすべて持ってドクターオフィスを訪ねる。
いつもいるわけではない担当医。今日はいるはずの曜日だと狙って行った。

覚悟はしていたけど・・・

受付で「私の半月板について質問があるんだけど」
「じゃあアポイントメント取って」
「あ、はい・・・。」
「ドクターはバケーションだから、えーと・・・」

で、取れた予約は2週間後。オイ!!!

「これより前に電話で聞くことは出来ないの?」
「できません」

と、ふと前方に歩いている私の執刀医が!!!
「あ!ドクターいるじゃん!」
「ええ、もう今日の仕事は終わって、明日手術したらこのあと22日まで休暇よ」

え~~~~?目の前にいるのに!ちょっとくらい質問させてくれたっていいじゃん!!!

これがアメリカ・・・ドライ。
情もへったくれもない!

それでもしつこく
「ホント、ほんの少しだけの質問だけ、しちゃダメかな・・・」
首を横に振る。
もうこれ以上交渉の余地なし。
トボトボ帰る・・・。


実は。フェイスブックでつながっている、日本で見てくれていたドクターにメッセージで尋ねていた。

私は、もう彼の患者ではない。

数分後、日本からドクターの意見とアドバイスが返ってきた。本当に本当にありがたくて嬉しかった。

忙しい中、そして私はもう患者ではないのに、本当に恐縮な気持ちでダメ元でメッセージを送ってみるたび、ドクターを始めみなさん親身になって私にアドバイスを返してくれる。

アメリカでの手術を選んだことを後悔はしていないけど、
日本で私が選んでいた病院と関わっている皆さんを信用していたことは間違いじゃなかったとつくづく思う。
c0157348_114515.jpg
前十字靭帯が切れた時に一緒にちょこっと傷ついたであろう半月板。
たぶん、今回の手術で一緒に自然に治っていくだろう。
と、願う。

でも念のため、次回にこぎつけたドクターの診察で、納得いくまで詳しく細かく聞くまでは、あんまり無理しないでおくことにした。

トレーナーと相談して。負荷はこれ以上上げない。
ずっと流れに沿ってやってきたアメリカのスポーツ選手用のメニューから少しはずれる。

でも、筋肉なんて後からいくらだってつけられる!という自信がもう私にはある。

そして、メニューが変わって物足りなくなると思っていたら・・・とんでもなかった。
「他に鍛えられるところ、鍛える方法はいくらでもあります」鬼トレーナー。

体幹トレーニングから左足のトレーニング、そして右足も膝に負荷をかけずにこんなにもキツいことできるのか!?!ドSメニューオンパレード。
「なんか昨日からメニュー変えたら物足りなくて・・・」なんて言うもんじゃなかった。

3時間近いトレーニングが終わってお昼ご飯を食べたら、ソファに倒れ込んで眠っていた私。
メチャ疲れた・・・。

右足も、膝に全く負荷をかけなくても、こんなに筋肉鍛えられるんだ・・・。
かなり安心した♪
c0157348_1131250.jpg

[PR]
もう完全に松葉杖なしで、ニーブレイスつけてガシガシ歩いてます。
c0157348_1426040.jpg
術後2週間経ち、もうこんな普通っぽい足になった。
c0157348_1426122.jpg
腫れもずいぶん引いて、縫い目はホチキスみたいに。
c0157348_1426336.jpg
夕方、トラと外に出てみた。
c0157348_1426899.jpg
雲が綺麗で空気が気持ちよくて。
c0157348_14261160.jpg
すごく幸せ。
c0157348_1426132.jpg

c0157348_14261563.jpg
夕焼けも綺麗でついついゆっくり長い時間散歩しちゃった。
c0157348_1426167.jpg

c0157348_14261760.jpg

c0157348_14261925.jpg
でも膝は全然痛くならなかったよ。帰ったら少し熱くなってたけど。
散歩したの、久しぶりだったな〜(^-^)
c0157348_14262282.jpg
友達がお見舞いに来てくれるけど、お見舞いにならないくらい動けちゃってます(笑)
c0157348_14262484.jpg
友達とゆっくり話せたり、やっと普通の生活っぽくなってきた!

あとは、毎日しっかりトレーニングを続けること!!!
3週目のメニュー、頑張りますっ
c0157348_14262675.jpg

[PR]
今日は手術後初めての診察。

手術中の内視鏡の画像をくれました。
「ここのクラックも狭めておいたから」と。見たら割れてた!どこかと聞くと、たぶん膝の軟骨?ヒビが入っていた。
どうやって治したのか、今後どうなのか、いまいち詳しく聞けなくてまだ理解出来ていないけど、たぶん膝の軟骨にヒビが入っていて、それを修復したということなんだろうな。
大丈夫なのだろうか??また改めてよく聞いてきます。

黒い糸をパチンパチンと抜糸しました。膝の曲がり具合を確認して、真っ直ぐ0度で固定していた装具のロックを外していいと言われ、とても歩きやすくなった。
「松葉杖はまだ使うべき?」と聞いたらもう使わなくてもいいと!
こんなに早く取れると思わなかったな〜。
順調なことに安心もしたけど、ホッとして気が抜けるのが怖いような気もした。
c0157348_8223243.jpg
手術したら動けないだろうから本を沢山読もう!と用意していたのに、ほとんど読む時間なんてなかった。

手術した翌日からずっとトレーニングし続けてきた。毎日少しでも多くって思ってやってきた。膝が硬くならないように、筋肉が落ちないようにって。

でも、ある程度は治す過程で必要なことだということもわかった。
リハビリは、まだまだ何カ月もかかるんだから、少し体も気持ちも休もうと思った。

まずは最初の2週間、私なりに精一杯やれるだけやったと思う。

トレーナーのいる日もいない日も、毎日出来ることをすべてやった。
何時間でもトレーニングルームにいれた。

気持ちばかり焦って、力が入らないのが悔しくて、夜中に起きてベッドの横に縛り付けたゴムでリハビリしたりもした。

何度も目を覚ましたり、本読みかけるとすぐ寝てしまったり、今思うと手術の疲れもあったのによくやったな、と自分でも思う。
c0157348_822319.jpg

頑張ったって思うようにいかないこともある。
気を張りすぎたら切れてしまいそうだから、まだまだ長いリハビリ期間、気持ちが途切れないように頑張ろうと思います。
[PR]
手術した次の日から洗濯はできた。洗濯のカゴを松葉杖と元気な方の足で蹴っ飛ばしながら移動させたりして。

掃除は行き届かないけれどそれなりには出来て、

やっと料理も軽く出来るようになった。やっぱ立ちっぱなしというのが辛くて、あんまりいろんな事は出来ないけど。

自分で家の事が出来るようになってきて、少しホッとする。

まだ車の運転とか買い物には行けないのが不便だけど、
一日中引きこもっていることはそれほど苦痛じゃない。

それは、このトレーニングルームがあるから!
c0157348_22115066.jpg
今日も朝からここに篭って自分のペースでじっくりやった。
ここにいると、やれることがいっぱいあるし、集中できていい。何時間でもいられる。

明日はやっと、ドクターの診察です。
[PR]
Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - 会社概要 - ヘルプWoman.exciteBB.exciteGame.exciteエキサイト ホーム